「原因」と「結果」の法則

言われた事が素直に出来てない。
これは経験がない人間には致命的だと考えます。
まずは素直に取り入れる。素直にやってみる事が一番成長する事を理解してもらいたい

会社は学校ではありませんから、教えてもらう場所ではありません。何かしら収益を生む事に絡みながら覚えていく場所であります。

「環境は人間を作りません」

気高い思いばかりをめぐらしている人が邪悪な道に落ち、苦悩するなどということは起きません。

まずは「原因」を改善する。

不注意な人間、無知な人間、怠け心をもつ人間は表にあらわれた「結果」だけに目を奪われます。その背後に存在する「原因」を見ようとしないために、あらゆる成功を、幸運、運命、あるいは偶然などという言葉で片付けようとしています。
成功した人に対して あの人はなんて幸運なんだろう。なんて恵まれているのだろうなどそれらの運の良い人たちが、より良い人生を夢見て流し続けてきた「血と汗と涙」の部分には決して目を向けません。
それらの人たちは、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続けてきた事を理解していません。
さまざまな困難をみごとに乗り切った人たちが成功を掴んでいるのです。
つまり諦めない気持ちと困難を乗り切る勇気が必要であり、他人よりも努力する事が大切であります。
努力とは他人から評価されるものではありません。
自分自身で評価するものであり、自分が本当に努力してるのか?常に説いてみる必要があります。

努力の大きさによって結果の大小が決定します。そこにはいかなる偶然もありません。

もっと自分に問いかけてみてください。

そこで少しでも自分を誤魔化しているのであれば、結果に結びつかないでしょう。