こんにちは、システム事業部のfujiです!

今回は、PHPフレームワークについての記事です。

 

そもそもフレームワークとは、アプリケーションを開発する際に必要とされる

汎用的な機能をまとめて提供してくるソフトウェア、

つまり、アプリケーション開発の土台となってくれる便利なものです。

フレームワークを利用すると、「アプリケーションに必要な機能が準備されていて効率的に開発ができる」

「命名規則やディレクトリ構成などの規則を統一されて複数人での開発がしやすい」などなど多くメリットがあります。

 

 

PHPにもフレームワークの種類がいくつか存在します。

今回は、人気のPHPフレームワーク5種類の簡単な特徴・動向をみていきたいと思います。

 

1.CakePHP

・Ruby on Railsの影響を受けている

・国内で多く使用されており、日本語の情報が多い

・学習にかかる労力が比較的少なく、初心者でも手が出しやすい

 

2.Laravel

・最近急激にシェアを伸ばし、世界的には主流になりつつある

・ライブラリの豊富さ、機能追加も頻繁に行われる

 

3.Symfony

・こちらもRuby on Railsの影響を受けている

・オープンソースでアップデートも頻繁に行われる

・大規模の開発に向いている

 

4.CodeIgniter

・構造がシンプルで初心者にもおすすめ

・軽量、高速であり、小規模の開発向き

 

5.Zend Framework

・柔軟性や拡張性が高い

・改変したコードを非公開にすることができ、商用利用がしやすい

 

 

これらをGoogleトレンドで調べてみました。

スクリーンショット 2016-07-22 12.32.55

(国内検索)

スクリーンショット 2016-07-22 11.51.18

(国外検索)

スクリーンショット 2016-07-22 11.51.07

 

国内では、CakePHPのシェアの高さが見受けられます。

国外では、Laravelの伸びが目立って見えます。

今後は国内でも、Laravelのシェアが高くなることが予想されますね。

 

ちなみに、現在業務ではCodeIgniterでの開発を行っております!

紹介した5つ以外にも、PHPフレームワークはまだたくさんあるので、

開発するものや規模に合わせてフレームワークを選んでみてください。