初めまして!

Webデザイナーの竹内です。

本日は、Illustratorで使える<strong>便利な機能</strong>についてご紹介したいと思います!

&nbsp;

突然でずが皆さん、Illustratorを使っていて<strong>「孤立点」</strong>という言葉を耳にしたことはありますか?

&nbsp;

<strong>「孤立点」</strong>とは<strong>”何も文字が入力されていない文字情報”</strong>のことを指します。

例えば、Illustratorのツールにある「T」というマークのツールで文字を書こうとした際に、

『やっぱりやーめったっ』と書かずに止めてしまった場合あるとします。

するとそこには”何も文字が入力されていない文字情報”だけが残ってしまうのですが、

その残った情報が「孤立点」と呼ばれるものになるのです!

&nbsp;

、、、、、、????

&nbsp;

初めてこの言葉を耳にした方

今の説明だけだと良く分からない…!ですよね。すみません(汗)

&nbsp;

ただ、この「孤立点」

実は削除しておかないとデータを印刷する事がある際に、

トラブルやエラーの原因となってしまう事がある、ちょっと厄介なものだったりするのです。

&nbsp;

なので本日はその「孤立点」を簡単に削除できてしまう方法をご紹介します!

本当に簡単なので、その手順だけお伝えしたいと思います。

&nbsp;

《手順》

1、Illustratorの<strong>選択</strong>から→<strong>オブジェクト</strong>→<strong>余分なポイント</strong>を選択

<a href=”https://www.aag.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/65d598e5f1d5229e7b6459e9ac6a078a.png”><img class=”alignnone size-medium wp-image-2688″ src=”https://www.aag.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/65d598e5f1d5229e7b6459e9ac6a078a-300×203.png” alt=”%e6%89%8b%e9%a0%861″ width=”300″ height=”203″ /></a>

&nbsp;

2、Illustratorの機能が自動で「孤立点」を探し出してくれます

※ここでは赤の枠で表示されている部分が「孤立点」です

<a href=”https://www.aag.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/a2601242746cb854fe01e2fb7809b03d.png”><img class=”alignnone size-medium wp-image-2689″ src=”https://www.aag.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/a2601242746cb854fe01e2fb7809b03d-300×197.png” alt=”%e6%89%8b%e9%a0%862″ width=”300″ height=”197″ /></a>

&nbsp;

3、<strong>Delete</strong>ボタンで「孤立点」(赤枠)を削除

<a href=”https://www.aag.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/f3dc2c2d62a8020e850294fd4f876dc8.png”><img class=”alignnone size-medium wp-image-2690″ src=”https://www.aag.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/f3dc2c2d62a8020e850294fd4f876dc8-300×198.png” alt=”%e6%89%8b%e9%a0%863″ width=”300″ height=”198″ /></a>

&nbsp;

&nbsp;

以上です!!

&nbsp;

&nbsp;

とっても簡単ですよね!!

「孤立点」にはテキストが入っていないので、自力で探そうと思うととても大変なのですが、

このIllustratorの機能を使えば一瞬でお悩み解決です!

&nbsp;

まだ、ご存知なかった方、

ぜひ使ってみてくださいね!