みなさん、こんにちは!!

サポート部の須賀です!!

 

今回はIPアドレスについてご説明致します。

 

Pアドレス(Internet Protocol address)とは、ネットワーク上の機器を識別するための番号のことです。

現実世界でも、郵便物を目的地に届けるためには宛先となる住所が必要なように、コンピュータの世界でもデータを目的地に届けるためには宛先となるIPアドレス(住所)が必要です。

 

IPアドレスは『192.168.1.1』のような0~255の数字を『 . 』(ドット)で区切り、4つ並べて表現します。

※画像はWindowsのコマンドプロンプトでipconfigコマンドを使い、IPアドレスを確認した例

 

ipconfig_IPアドレス

 

画面で確認すると、『192.168.1.1』のように、人間が普段使っている10進数での表記となりますが、

実際はコンピュータで扱うデータはすべて『0』と『1』で表現される2進数であり、IPアドレスも例外ではありません。

つまり、IPアドレスは10進数で確認できますが、内部的には2進数で処理されています。

IPアドレスを2進数で表記すると32bit(32桁)で以下のように表現されます。

 

10進数 :192.168.1.1
2進数 :11000000.10101000.00000001.00000001

 

IPアドレスは8bitごと『 . 』(ドット)で区切られた単位をオクテットと呼び、左から順に第一オクテット、第二オクテットと呼び、第四オクテットまで続きます。

 

 

次回に続く。。。。