私達は、多変量解析によって普及率を規定する要因分析をしている。

売上高や利益率もそうですが、顧客満足度や商品特性など、その商品に関する評価データは、すべて何らかの原因があって作り上げられるものです。

物事を決定する時に、批判の数があります。

10人のうち10人賛成することなど、まず、無いし大きな成功はないと感じます。

「いや違う。それはやめた方がいい」

「なぜそう考えるの?」

「そんな無駄なことをどうしてするの?」

真剣に悩んで考えたことを簡単に否定し、未来を予知できるかのように、決めつけ、責任さえないアドバイスを押しつける。

何日も考えて何日も計画したことを、5分話を聞いて駄目だと判断する。

そんなアドバイスに正解などはない。

みんなが反対するような事に、不思議な魅力をそこに可能性があると信じたい。

「可能性はゼロじゃない」

その先に成功があるのではないだろうか。

多くの人に反対されながらも、自分の信じている道を突き進む。

だから経営者は、天邪鬼とも言われる所以が多いのかともの感じる。

アドバイスは要らない。『なるほど、その可能性もあるよね』と頭から否定せず、相手のことを考え、意見を大切にし、さらに自分の突き進む道の先に見える光を目指して突き進む

先手必勝!普及するほど利用価値が高まるネットワーク型の商品、サービスをリスクを取って全速力で取りに行く

それが最も大切だと私は思う。