初めまして・お久しぶり、こんにちは。
システム開発事業部の荒島です。

今回は『PHPのコピーオンライトについて』のPart5になります。
最終回です!

================
<まとめ>
■”書き換え直前にコピーする仕組み”を『コピーオンライト(Copy on write/COW)』と言う

■PHPで変数(オブジェクト)同士の代入を行った場合、以下のような仕組みが行われている
①代入時は、コピー先にコピー元は複製されていない
②コピー元・コピー先のいずれかが変更される、または、コピー元が破棄される直前に複製される
③オブジェクトのプロパティを変更してもCOWは行われない

※注意※
本文中で「メモリ領域」と書いていますが、具体的には異なります。
具体的に書くと初心者には不向きになるため、適当な言葉に変えさせて頂きました。
(内部構造である”ZendEngine”について、気になる方は調べてみてください☆)

================

COWを知り『メモリ管理に興味を持った!』という方は是非『基本情報技術者試験』の参考書をご覧ください。
“メモリリーク”や”ガベージコレクション”など、メモリに関する用語や仕組みについて勉強できます。

そのまま資格を取得してしまうこともオススメです。
理由は、資格所持者は下記のメリットを得られる可能性があるためです。
①給与が上がる
②入社・案件契約時の確度が上がる
③資格手当が貰える

あくまでも可能性の話です!(汗)
弊社の場合は『資格手当が支給』されますヨ!!(* ̄▽ ̄)ノ

以上、『PHPのコピーオンライトについて』でした。
最後までご覧頂き、ありがとうございました!!